スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント

展示会・マカロンタワー

展示会の作品紹介、最後は私のマカロンタワーです。

高さ約1mのマカロンタワーを展示会で実演しながら制作しました。
マカロンタワー

「中はどうなっているのですか?」と
多数質問を受けましたので制作風景も少しご紹介します^^

マカロンタワー芯
中はこんな感じ。
台になる円柱2種類と円錐の3パーツから構成されています。
業者さんに特注で作ってもらいました。強度・硬さも変えています。
一番下は、一番硬い発泡スチロールで作ってもらいました。
搬出入時、気をつけていたのに作品の端を壁にぶつけてしまいました^^;
でも大きな傷にならなかった!!硬いもので作って良かった~

マカロンタワー土台
次に、クリームをコーティングしていきます。
これだけの大きさなので軽さと耐久性から
「モデリングペーストライト」を使用しました。

会場で「なぜ、ツノを立てて塗ってるの?」という良い質問を受けました。
それはですね、マカロンをくっつけた後、
配置を変えるなど手直しをした痕跡を
なるべく目立たないようにするためなのです^^

あとは今回使用したクリームとのデザインに関係するのですが、
モデリングペーストライトはやわらかいので、
大きな口金を使用してた~~っぷり絞る場合には
つるつるより引っかかりがあったほうが変形せずにうまく仕上がります。
特に今回は傾きがあるので、ひっかかりを作ったわけです。

それほど高さがない市販の芯だったら、
シリコーンをぺたぺた塗って乾燥しないうちにマカロンをくっつけたらよいのですが
今回は高さがあるので、ひと工夫しました。
お蔭で、クリーム絞りは一回で上手くいきました。
引っ掛かりがなかったら、絞ったクリームがずれてしまい変形したかも。
普通寸8号くらいの口金だったらずれないと思いますが
今回は13号を使ったので念のため、です。

モデリングペーストライトなので、シリコーンよりやわらかいですしね。

先日の件でクリームの知識がさらにUP、勉強になりました~~。
  ↓↓
氣仙先生とクレイパティシエール仲間で本を出します。
私はフェイククリームを担当しました。
9/20発売予定。詳細はまた後日・・・

マカロンタワー土台

芯を作ってくれた業者さんから
「ケーキカットする部分はどれくらい空けておきますか?」
と質問を受けました^^
そう、ウエディング用と思われたのです。
この大きさだからそう思われたのでしょうね。

下の円柱は、普通寸の回転台にのせてくるくる回しながら塗りました。
回転台が小さすぎて、円柱の中心にからずれると上手く回らない。
意外なところでちょっぴり苦戦。
塗りムラをなくすのが大変でしたが、
そこはフェイク、きれいに仕上げる裏技があるのです~♪

以前、氣仙先生と本橋雅人パティシエのコラボ講座を受けた時に教わった
本物のホールケーキにクリームを塗る方法&コツが役に立ってます^^
氣仙先生と本橋パティシエ、食べらないスイーツと食べられるスイーツ、
講座のメニューというか材料が対照的で面白い内容でした。
(だいぶ前の話ですが^^;)


しっかりハグできる大きさ、まさにウエディングサイズ・・・
というわけで、何段にも重なる高~いウエディングケーキをイメージして
マカロンタワーをデザインしてみました。

出番を待っているマカロンたち
出番を待つ、マカロンたち。
やわらかい色合いを目指し微妙なトッピングをプラスするために
レジンではなく粘土を使用しました。
今回は「モデナソフト」を数十袋使用、すごい数ですね・・・。
マカロンを乾燥させる場所も困りましたが
ちょいと工夫してこんな感じに積み上げました。
100円ショップグッズが役に立ちます^^
目黒教室にお越しの方はこの状況をご覧になりましたよね~。
このアングルだと冷蔵庫の中をのぞいてるみたいですね^^

マカロンタワー
展示会場で、仕上げ部分を実演しながら完成しました。
「食べたい~」と立ち寄って下さった方も多く、
この作品のお蔭でいろんな方とお話できました^^
製菓店を営まれている方からはデザインのお話などを伺い
とても勉強になりました。

デザイン構想はまだまだ続いているのでこれから進化し続けると思います。
サグラダファミリアのように、長いスパンで完成を目指します。
(何十年後?長すぎるって!!)

テーマ : ★粘土スイーツ★
ジャンル : 趣味・実用

おリボン

マカロンタワーすごいですねぇ~
ゴージャス!!
ところで、トップのおリボンはどうやって付けているのですか?
シュータワーのも見て思ったんですが・・
最後の飾りつけのセンスが今ひとつなんで、参考にしたいデス!!
宜しくお願いします!!

Re: おリボン

> マカロンタワーすごいですねぇ~

ありがとうございます^^

> ところで、トップのおリボンはどうやって付けているのですか?

今回は、リボンをまとめているワイヤーでタワーの先端部に
マカロンの隙間を利用して取り付けました。
季節によって装飾を楽しめるように固定していません。
今は外していますが、是非 レッスン時に実物をご覧ください。

トッピングや装飾って難しいですよね~。
レッスン内で時間を見つけて、一度 取り組みましょう♪
それでは^^

コメントの投稿

非公開コメント

o_f6696329125b4bbb962aa409aa527852410a3ab5.jpg
フリーエリア
私も執筆しました♪
プロフィール

岡田 小百合

Author:岡田 小百合
※ホームページ※
Atelier S

※フェイクスイーツ※
氣仙 えりか氏に師事
クレイパティシエール取得

※トールペインティング※
アメリカトールペイント協会
CDA取得

※ポーセリンペインティング※
井口 真寿美氏に師事

お問い合わせ
お問い合わせ
Corner Web Banner
検索フォーム
*カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。