スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食糧学院スキルアップアカデミー

お菓子の家(ヘキセンハウス)  

食糧学院スキルアップアカデミーの続きです。

食糧学院SUA 2011 043
ちょっぴり秘密を紹介、
インテリアオブジェのような作品には、芯材として発泡スチロールを使ったりします。
乾燥による粘土の縮みを最小限にするためと重さを軽くするためそして乾燥を早くするためです。
最終的な大きさが決まっているものを作るときにはそういう工夫も必要です。
最近、FSClub@目黒・研究科でよく利用しています^^

これは何を作っているのでしょうか?
食糧学院SUA 2011 101
「え~~っ?なに、なに、なに~~??」
ふっふっふっ^e^ これはですね、、次回のお楽しみ~♪

まさか! のデザインを目にして
“世界にひとつのお菓子の家、絶対にデザイン通り建てるぞ~!”と意気込んでおります!
デザインを形にする楽しさ、その過程もフェイクスイーツの醍醐味であると思います^^
難題であればあるほど、ワクワクしてしまう私、
100円ショップで腕を組み、眉間にしわを寄せ、売り場を練り歩いて・・・
素敵な出会い(100円ショップの品物♪)があったとき、
それはそれは嬉しくて幸せなるのです 
その後は、ニコニコ笑顔でお会計に行きます^^
今回もそんな出会いがあり、上の写真では早速“それ”を使用しています♪
100円ショップでそんな出会いを楽しんでいるのは私だけ?
いえ、いえ、きっと皆さんも一緒ですよね~。
“こんな風に使うなんて!”
という驚きも楽しさのうち^^
この分野も氣仙先生はお得意ですよね^^

きっと皆さんが見たことがないお菓子の家が完成する予定。
ほんと、フェイクスイーツって奥が深くて楽しいです♪
では引き続き、完成形を目指して頑張りましょう~~!!

私もオンリーワンを作りたい!という方は
食糧学院スキルアップアカデミーにお問い合わせくださいね^^

テーマ : ★粘土スイーツ★
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

o_f6696329125b4bbb962aa409aa527852410a3ab5.jpg
フリーエリア
私も執筆しました♪
プロフィール

岡田 小百合

Author:岡田 小百合
※ホームページ※
Atelier S

※フェイクスイーツ※
氣仙 えりか氏に師事
クレイパティシエール取得

※トールペインティング※
アメリカトールペイント協会
CDA取得

※ポーセリンペインティング※
井口 真寿美氏に師事

お問い合わせ
お問い合わせ
Corner Web Banner
検索フォーム
*カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。